上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回は苔玉に巻く苔がどう変化するのか紹介
してみようと思います。
2014-6-18-1s.jpg
今回の苔はこちら。コツボゴケ。
このパックに入った苔は培養中のものです。
だいたいこの1パックで苔玉一つ作れます。
2014-6-18-2s.jpg
このコツボゴケを苔玉として巻いてすぐの状態。
普通の苔玉ですね。
で、これが2、3カ月もすると…
2014-6-18-3s.jpg
こんなふうになっちゃいます!
これは最初の苔玉とは別のものですが
どれもこんなふうになります。
2014-6-18-4s.jpg
アップで見てもとても綺麗です。

2014-6-18-5s.jpg
ただしこうなるには置き場所もすごく重要でして
うちではコブシの樹の下で育てています。
2014-6-18-6s.jpg
ここは朝日は当たりますが日中は木漏れ日程度で
苔も過ごしやすい環境になってます。
水やりは夕方にたっぷりとあげます。
乾いている時には時間に関わらずあげています。
苔が成長するまでは乾燥し過ぎないことがポイントになります。

植物と一緒に苔も育てると楽しみも倍増ですよ!
スポンサーサイト
2014.06.18 22:29 | | トラックバック(-) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。