FC2ブログ
 ミニ盆栽の管理方法

置き場所は風通しのよい半日陰が適してます。

基本的には一日一回朝方、又は夕方にたっぷり水をかけてあげてください。

しかし常に過湿状態になっていると根が弱り枯れる原因になりますので

鉢の状況を見て乾いたら水やりをしてください。


 室内で管理する場合、冷暖房の風が当たる場所や

強い日差し、西日の当たる場所は避けます。

室内は乾燥しやすく日の当たりも弱くなるので部屋に置きっぱなしにせず

外に出して日差しを浴びせてあげたり風通しをよくしてあげてください。

乾燥し過ぎる場合は大きめの浅い鉢に富士砂、軽石などを敷き

少し湿らせてください。

その上にミニ盆を置いて水やりをすると水のもちがよくなり管理も楽になります。

何日か留守にする場合はその富士砂の中に盆栽を

少し埋めておくと水切れを防げます。

 
 冬になるとモミジなどの木や山野草の葉は枯れ落ちますが

水やりを忘れず鉢が乾いたら水をあげてください。

春になると新芽が出てきますので芽だしを見るのも楽しみのひとつです。
スポンサーサイト



2009.03.27 08:09 | 管理方法 | トラックバック(0) | コメント(-) |